狭い土地でも快適に住める技術が狭小住宅!

注目の住宅物件

内観

防音対策が必要となる

東京での一戸建ての購入に人気のある狭小住宅ですが、購入するにあたって気をつけたい点もあります。狭小住宅は狭い土地を利用して建物を建てるため、どうして隣家との距離が近くなってしまいます。特に東京は建物が密集していますので、窓を開けたすぐ目と鼻の先に隣家の壁があるという場合も少なくはありません。そのため、隣家に対しての音漏れに気をつけなければならなく防音対策が必要となります。最近は建築技術も進み、割安な費用で防音対策を行えるようになりましたが、それでも左右すぐ側に隣家がある場合などは防音対策を行わなければならない部分が増えますので、防音に対し少なくはない費用がかかってしまいます。東京で狭小住宅を建てる際にはこうした音漏れに対しての対策が必要ということを知った上で購入するようにしましょう。

都会に家を持つ利点

土地の高い東京でも狭小住宅なら土地代を安く抑えられるので一戸建てを持つことが可能となります。どれだけ建物にお金をかけても、経年劣化により建物の価値は年々減少していきます。建物の価値は20年も経てばゼロになってしまうと言われています。ですが、土地の価値は年月により減少してしまうことはまずありません。特に東京の地価は下がるどころか上がる可能性の方が高いので、建物を建ててから何十年という月日が流れても資産価値を維持することが出来ます。東京に家を持つということはこのように資産価値を持ち続けられるということでもありますので、東京に家を持ちたいけれど土地代の高さから諦めているという方は狭小住宅も購入対象に含めて考えてみることをお勧めします。

住む家は中古物件も対象

レディ

茅ヶ崎は都心まで一時間圏内と言うこともあり、通勤などを考えている人にも利用されやすい地域です。もちろん電車が混み合う時間に通勤をする人は、ある程度試してみることも大事です。中古一戸建てなどの安い住宅も多いので、海辺の住宅を探すならチェックしてみましょう。

ストレスフリーな都市

模型と図面

福岡市は通勤時間が短く、ストレスフリーな都市として注目を集めています。通勤時間が短いという事もあり、福岡市で家を建てればゆっくり余暇を過ごせるでしょう。注文住宅をという場合は、オーナーさんの声を聞くと家作りの参考になるのでおすすめです。

猫と暮らせる家にしたい

住宅

犬と違い、猫は室内飼いが基本です。猫はとても可愛らしい動物ですが、一緒に暮らしていると迷惑を被ってしまうこともしばしばあります。大阪には、人間と猫の両方が幸せに暮らせる注文住宅を建ててくれる工務店がありますので、猫と快適に暮らせる家を建てたいと考えている人は、その工務店に相談してみるとよいです。